経験知との付き合い方 How to deal with empirical knowledge

 ※ The English version is after the Japanese version.

 先日の投稿「明鏡止水」の続きです。今日は、経験知との付き合い方に関して思いつくまま書いてみたいと思います。

 おさらいになりますが、経験知とは、自分の中に取り込んできたあらゆる知識、信条、価値観、美意識、道徳観、宗教観、社会常識などなどの総体のことです。通常、私達のあらゆる考えや判断はこの経験知に照らし合わせて行われています。例えば、電車に乗る時には改札を通る必要がある、ということは常識ですが、これも経験知によるものです。また、個人的な問題でいえば、「私は〇〇があれば幸せ」という場合の〇〇も、それぞれが取り入れた経験知に照らし合わせた結果としての思いです。ですから、この経験知が一切なくなってしまうと社会生活を送ることや、各自の内面の精神生活を行うことも難しくなってきます。このような意味で、経験知はとても重要な事柄です。それでは何が問題なのか、ということになります。

 このことについて、管理人は先の投稿で、経験知との自己同一化が大きな問題だと書きました。今日はこのことについて、もう少し具体的に見てみたいと思います。先ほど引用した例をもう一度見てみます。まず、電車に乗る時には改札を通る必要がある、でした。これは現代社会における常識です。しかし、そもそも電車というものがなかった時代に生きていた私達の先祖にとっては改札という概念は全く無意味です。当たり前ですね。しかし、このような先祖の心が、現代社会に生きる私達の心と比べて狭隘なものだったとは思えません。次にもう一つの例として引いた「私は〇〇があれば幸せ」という思いです。この〇〇の中に入る事柄は、ある人にとっては「健康」でしょうし、ある人にとっては「大金」であり、また別の人にとっては「最高の伴侶」ということになるでしょう。それでは、大金に価値を置く人の心は、健康や最高の伴侶に価値を置く人の心よりも狭隘なのでしょうか。そんなことはありません。経験知に基づく価値観が違っているだけです。

 ここまでをまとめると、電車がなかった頃の先祖の心も、私達と同じ心の働き・機能を持っていましたし、大金に価値を置く人の心の働き・機能も、健康や最高の伴侶に価値を置く人の心の働き・機能と全く同じです。このことは赤ちゃんを見れば一目瞭然でしょう。時代が違っても、また、生まれた環境が違っていても赤ちゃんの心の機能は同じです。時代、出生地、肌の色、国籍、宗教などなどの違いとは全く無関係に、言霊学によれば、人の赤ちゃんの心は五十個のコトタマで出来ており、それが五十通りの働きを行うように出来ているのです。

 さらに具体的な話に移ります。引き続き先ほどの例を使いましょう。健康を幸福の条件としている人が、大金を獲得することだけを人生の目的として生きている人を目の前にした時、どのように思うでしょうか。個人によって程度の差はあるでしょうが、「そんなに大金を得ても病気になったら何にもならないじゃないか。そもそもそんな金、墓場まで持っていくことは出来ない」と思うに違いありません。逆に、大金獲得を幸福の条件としている人は健康第一主義者を見て、「今の世の中、大金を積めばほとんどの病気を克服出来る。健康、健康といいながら金に困っているのは全くナンセンスだ。生きている間に豊かな生活をしなければ意味がないだろう」と思っていることでしょう。いずれのパターンでも、それぞれが、それぞれの人生航路の中で積み込んできた経験知に照らし合わせて価値判断を行っているのですが、問題は、「そんなに大金を得ても病気になったら何にもならないじゃないか。。。。。」、あるいは「今の世の中、大金を積めばほとんどの病気を克服出来る。。。。。」という判断をしているのは自分自身だと思っていることなのです。言い換えれば、そのような判断以外の判断を行うことは自分には出来ないし、そんなことをすれば自分というものがなくなってしまう、と思っているということです。

 しかし、少し立ち止まって静かに考えれば、このような判断の基準となっている経験知は、もとをただせば、自由で広大な自分自身の心の働きによって自分自身が積み込んできたものに他ならないことが分かります。にもかかわらず、いつの間にか経験知によって自分自身が逆に縛られてしまっているのです。この主客逆転の関係性から、あくまでも主体は自分自身の心であることを認識し、その主体的な自分自身の心が経験知を自由自在に使える本来の関係性に回帰することが、「経験知との付き合い方」の最大の課題です。この正しい付き合い方ができれば、心は本来の自由を取り戻すことになります。

 さて、ここからが今日の投稿の本論になりますが、「経験知との付き合い方」の第一歩は、通常私達は経験知の縛りの中であらゆる判断を行っているという、今見てきた事情に気付くことです。この経験知との自己同一化は無意識レベルまで浸透してしまっているので、自分の心でそのような関係性が出来上がっているということになかなか気付けないのですが、幼少期からの心の動きを辿れば、ある時、明確に納得出来るものと思います。

 次に、就寝前の十分でもいいので、その日一日の出来事の中で印象に残っている事柄があれば、その時自分がどのような判断を行ったか、そして、その判断の基準になった価値観とか常識はどのようなものだったかを思い出してみることです。その上で、そのような価値観や常識は、自分の人生航路のいずれかの時点で自分の心に積み込んだ経験知だと認識することです。そして、その経験知に感謝する。経験知が一つの判断を行うための基準になってくれた訳ですから、その働きに対して感謝の気持ちを伝えます。

 就寝前十分のこの習慣に慣れてくれば、その内、なんらかの判断を行う時には常に経験知を基準として判断を行っていることに気付いてきますから、その都度経験知に感謝する。批判的な判断の場合には、「私はどうしてこんな判断をしてしまうのだろう」と、経験知の影響を感じやすいものですが、肯定的な判断の場合でも、その基準となっているものは経験知であると思って感謝することです。経験知に対して感謝するということは、感謝する自分の心と、感謝の対象となっている経験知とを分離することになりますから、経験知との自己同一化の関係性が次第にほぐれてきます。その上で、好ましくないと思われる経験知に出会った場合には、「これまで判断の基準になってくれてありがとう。でも、今は必要ないのでちょっと脇にどいておいてください。必要な時には声をかけるので」と、経験知と会話することです。このようにしてゆくうちに、広大で澄み切った自分自身の心がスーッと現れてくるようになります。

This is a continuation of my recent post, “Clear Mirror Water”. Today I’d like to write as much as I can think of about how to deal with empirical knowledge.

 As a refresher, empirical knowledge is the sum total of all the knowledge, beliefs, values, aesthetics, moral values, religious beliefs, and social common sense that we have taken in. Normally, all our thoughts and judgments are made in light of this empirical knowledge. For example, it is common knowledge that we need to go through a turnstile when getting on a train, but this is also based on empirical knowledge. Also, if we talk about personal issues, when we say, “I would be happy if I had a …”, the … is also the result of our thoughts in light of the empirical knowledge that we have adopted. Therefore, if this empirical knowledge is completely lost, it becomes difficult to lead a social life and to conduct one’s inner spiritual life. In this sense, experiential knowledge is a very important matter. So what is the problem?

The administrator wrote about this in an earlier post that self-identification with empirical knowledge is a major problem. Today I’d like to look at this in more detail. Let’s look again at the example I just quoted. First of all, it was that when you get on a train, you have to go through the turnstiles. This is common sense in modern society. However, for our ancestors who lived in the time when there was no train in the first place, the concept of a ticket gate is completely meaningless. It is natural. However, I don’t think that the minds of our ancestors were as narrow-minded as those of us who live in modern society. The next example is the thought “I would be happy if I had a …” which I drew as another example. The things that fall into this … would be “health” for one person, “a lot of money” for another person, and “the best mate” for another person. So, is the mind of a person who values big money more narrow than the mind of a person who values health or the best companion? I don’t think so. It’s just a different set of values based on empirical knowledge.

To sum it up so far, the minds of our ancestors when there were no trains had the same function of the mind as ours, and the function of the mind of those who put a value on large sums of money is exactly the same as the function of the mind of those who put a value on health and the best companionship. This will be evident in the baby. The function of the baby’s mind is the same in different times and in different environments in which he or she was born. According to the study of Kototama, the mind of a baby is made up of fifty Kototamas, which are designed to function in fifty different ways, regardless of the age, place of birth, color, nationality, religion and so on.

Let’s move on to more specifics. Let’s continue to use the example I gave earlier. What do you think when the person who makes health a condition of happiness is confronted with someone whose only purpose in life is to acquire a lot of money? It may vary from person to person, but he or she will say, “Getting that much money won’t do you any good if you get sick. You cannot take that much money to your grave in the first place.” On the other hand, those who think that getting a lot of money is a condition for happiness will look at health-first people and say, “In today’s world, if you accumulate a lot of money, you can overcome most of the diseases. It is utter nonsense to be in need of money while calling yourself healthy and fit. The life will be meaningless if you don’t live a rich life while you’re alive”.In each pattern, each of us is making a value judgment based on the experience and knowledge we’ve accumulated along our life path, and the problem is that it’s about believing that we are the ones making the decisions. In other words, we believe that we are not capable of making any other judgments than those and that if we did, we would lose who we are.

But if we stop and think quietly for a moment, we realize that the empirical knowledge on which these judgments are based is nothing more than what we have accumulated through the workings of our own free and vast mind. And yet, before you know it, you have been bound by your own empirical knowledge to the contrary. The biggest challenge for us is to recognize that our own mind is the subject of our relationship with empirical knowledge, and to return to the original relationship in which our subjective mind can use empirical knowledge freely. If we can achieve this correct relationship, the mind will regain its original freedom.

Now, and this is the main point of today’s post, the first step in “dealing with empirical knowledge” is to become aware of the circumstances we have just seen, that we usually make all our decisions within the bonds of empirical knowledge. This self-identification with empirical knowledge has penetrated to the unconscious level, so it is difficult to realize that such a relationship has been created in our minds, but if we trace the movement of our minds from childhood, I believe that at some point we will be clearly convinced.

Next, even if it’s just 10 minutes before bedtime, try to remember what decisions you made in the events of the day that have made an impression on you, and what values or common sense you used as a basis for those decisions. Then, recognize that those values and common sense are empirical knowledge that you have accumulated in your mind at some point in your life path. And be grateful for that empirical knowledge. The empirical knowledge has become the basis for making one’s decisions, and we must express our gratitude for its work.

If you get used to this habit of 10 minutes before bedtime, you will eventually realize that you are always using empirical knowledge as a basis for making any kind of judgment, so you will appreciate empirical knowledge every time you make a decision. In the case of critical judgments, it is easy to feel the influence of empirical knowledge, wondering why I make such judgments, but even in the case of positive judgments, we should be grateful for empirical knowledge as the basis of our judgments. Being grateful for empirical knowledge means separating one’s grateful mind from the empirical knowledge that is the object of gratitude, and so the self-identifying relationship with empirical knowledge gradually relaxes. On top of that, if you encounter experiential knowledge that seems undesirable, you can say, “Thank you for being the basis for your judgments so far. But please step aside for a moment as it is not necessary at this time. I will call on you when I need you”. As you do this, a vast, clear mind of your own begins to emerge.

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします