明鏡止水 clear and serene (as a polished mirror and still water)

※ The English version is next to the Japanese version. 

 お久しぶりです。8月以降公私に渡り多忙を極めていたため記事の更新が出来ませんでした(ごめんなさい)。

 今日は明鏡止水ということについて管理人の雑感を書いておきたいと思います。明鏡止水(めいきょうしすい)とは中国の古典「荘子」に由来した言葉で「明鏡」と「止水」の二つの言葉が組み合わさって出来た四字熟語。「明鏡」は、よく磨かれた鏡には汚れも垢も付かないが、汚れていれば塵や垢が付いて曇ってしまい、物事がはっきりと見えなくなってしまうということであり、「止水」は、水面が揺れていれば夜空の月を写すことは出来ないけれど、それが静かな状態であれば月を明らかに写すことができると言うこと(一部weblio辞書の説明を引用)。管理人は、このような心の状態が、天霧が目指す境地であると思っています。それは不動明王の心ということでもあります。

 さて、思い返せば、管理人は高校生だった頃からこの言葉を座右の銘にしてきました。しかし、言葉の意味は分かっていたものの、実際の心の状態は、友人のちょっとした発言に傷付いたり、些細な出来事に感情を大きく揺さぶられたりで、明鏡止水とは程遠いものでした。その後、約半世紀の人生経験の中で、なんとか最近、明鏡止水が意味する心の状態に多少なりとも近づくことが出来てきたように感じます。

 ところで管理人は従来、「明鏡止水」という言葉の順番を変え「止水明鏡」として、池や湖の水面が静かに止まっていれば、それがよく磨かれた鏡のようになる、というイメージを持ってきました。ですから、現在の状況は、まだまだ湖水に波があるけれど、なんとか月影の輪郭程度は分かるようになったということでしょうか。さらに申し添えれば、心という湖にどうして波ができるのか、その波がどこから、どのようにして発生して来ているのかが分かってきたということです。心の波の正体が分かってしまえば、その波とどのように向き合えば良いかも分かってきます。そしてこのことは、言霊の理解なしには到底分かり得なかったことだと思っています。

 従って、明鏡止水の境地に至る第一歩として、心の波はどこから、どのように発生してきているのかということを、以下、言霊学に基づいて整理しておきたいと思います。そのための中心的なテーマは、このブログで既に何度か取り上げた「経験知」ということになりますから、繰り返しになって恐縮ですが、経験知についてここでもう一度簡単にまとめておきます。

 私達はこの世に誕生して以降、色々なことを学び、経験しながら社会における自分というものを作り上げてゆきます。自分の中に取り込んできたあらゆる知識、信条、価値観、美意識、道徳観、宗教観、物事を進める上での手順、社会常識などなどの総体を言霊学では経験知(経験知識)と呼んでいます。この経験知は私達が私達の人生を形成してゆくために不可欠のものです。教育システムにおける各種の入試、社会人としてのスタートを決める入社試験などでは経験知の中でも特に知識が問われるでしょう。その後、社会の中で成功するためにはそれぞれの分野で必要とされる専門知識、技能、対人関係に関するノウ・ハウといった経験知を持っていることが求められることでしょう。このように、経験知は私達の人生になくてはならないものです。

 このように重要な経験知なのですが、一つ大きな問題があります。それは、経験知が重要であればあるほど、私達は自らの人格形成の過程で、自分という存在は経験知を抜きにしては成り立たないと思い込んでしまう傾向があることです。経験知=自分、つまり経験知との自己同一化です。例えば、ここに世界的に有名な名医がいるとしましょう。この名医が、ある日突然、あらゆる医学知識や医療技術(これらは経験知そのものです)を忘れてしまったとします。名医は、最高度の医学知識や医療技術によって現在の名声、豊かな暮らし等々を享受している訳ですから、それらが突然なくなってしまえば、茫然自失、自分を失ってしまうことでしょう。これからどうやって生きてゆけばいいのか、ということになります。場合によっては、前途を悲観して自らの生命を絶ってしまうことさえ考えられます。これは経験知が自分自身だと思っている極端な例ですが、私達は多かれ少なかれこのような状況の中で日々の生活を送っているのではないでしょうか。

 今日的な話題の中で端的な一例をあげれば、コロナ対策のためのマスク着用です。マスコミが、いわゆる専門家の見解としてマスク着用を大々的に奨励し、それを行政機関が後押ししているので、「マスク着用は人の道」とさえ思ってしまいます。で、マスクを着けていない人を見ると「なんて非常識な人だ!」と反射的に思ってしまう。その際、マスク着用の是非に関する自分自身の判断力は全く使われていません。つまり、外部からの情報(経験知です)によって、自分の思考能力が完全に停止されている状態です。(なお、管理人はここでマスク着用の良し悪しを云々するつもりはありません。しかし、ウイルスの大きさは 0.1 μm、マスクの網目の大きさは 10~100 μm だということは知っておいて良いと思います。)

 以上のことをまとめると、私達は、経験知を心に取り込み、積み上げてゆくことで人格を形成して行くわけですが、そのようにして心に取り込み、積み上げてきた経験知によって、私達自身の心が次第に占領されてしまい、遂には、経験知が主人で私達自身が使用人のような関係になってしまう、ということです。そうなると、あらゆる事象に対する私達の判断が、経験知に照らし合わせて行われることになってしまいます。言い換えれば、私達は、あらゆる物事を経験知という分厚いサングラスを通して見ているということです。しかし、本来、私達は経験知よりももっともっと広い心の働きによって経験知を取り込もうとしてきたわけですから、経験知を取り込んだ後でも、その広い心はしっかり存在しているハズです。ですから私達は、この経験知サングラスを外すことが出来れば、物事を私達本来の広い心で見ることが出来るようになるということになります。

 さて、以上のことをご理解頂いた上で、先ほどの「心の波」がどこから来ているのかということを見てみたいと思います。心に波風が立つのは、私達がなんらかの(好ましくないと思われる)現象を体験する時です。その現象は、今目の前に発生している事柄かもしれませんし、あるいは昔の思い出が蘇ったものかもしれません。その現象を私達は経験知サングラスをとおして見ています。この経験知サングラスに、例えば、「妻たるもの特別の事情がない限り家に居て家事全般をこなし、夫である自分が仕事に疲れて帰ってくる時には玄関口で優しく迎えるものだ」という価値観が刻印されていれば、それに反するような妻の行いは許せないものになってしまいます。心に大きな波風が立ってしまいます。現象そのものにはどのような色付けも行われていないのですが、経験知サングラスによって否定的な色付けがされてしまうのです。ですから、「心の波」は自分自身が身に着けている経験知サングラスから来るものといえます。このことが言霊学によって明確に分かったので、この波と付き合うためには、自分の経験知サングラスにどのような色が付いているかを確認することから始めれば良いということが分かってきたのです。

 久し振りの投稿になりましたが、今回も若干ヤヤコシイ経験知の話になり恐縮です。なお、経験知サングラスの具体的な取り外し方については、おいおい投稿してゆきたいと思っています。

 それではまたお会いしましょう。

 

 

It’s been a long time since I’ve been able to update any of my articles due to the extremely busy schedule I’ve had in my private and public life since August (sorry).

 Today, I would like to write about “Meikyo Shisui”, which is a miscellaneous thoughts of mine. Meikyo Shisui is a word derived from the Chinese classic “Zhuangzi”, and is a four letter word made up of a combination of the two words “Meikyo” and “Shisui”. The word “Meikyo:clear mirror” means that a well-polished mirror is free of dirt and grime, but if it is dirty, it will be covered with dust and grime, making it impossible to see things clearly. ”Shisui:Stopping water”means that if the water surface is churning you can’t capture the moon in the night sky, but if it’s in a quiet state you can clearly capture the moon (partly as explained by the weblio dictionary). The administrator believes that this state of mind is the state of mind that Amagiri aims to achieve. It is also called the mind of the Hudoー Myoーou:Acala.

Now, as I think back, I’ve had this word as my motto since I was in high school. However, although I knew the meaning of the word, my state of mind was far from that of clear water, as I was hurt by a friend’s slight remark or my emotions were greatly shaken by a trivial event. Since then, in the course of about half a century of life experience, I have managed to come somewhat closer to the state of mind that is meant by Meikyo Shisui.

By the way, I changed the order of the word “Meikyo Shisui : clear mirror and stopping water” to “Shisui Meikyo : stopping water and clear mirror”, and I have had the image that if the surface of the water of a pond or lake stops quietly, it becomes like a well-polished mirror. So, although there are still some waves in the lake water, I have managed to discern the outline of the moon’s shadow. I would also like to add that I have come to understand how and from where the waves are generated in the lake , the mind. Once you know what the waves of the mind are, you will know how to deal with them. And I believe that this would not have been possible without the understanding of the Kototama.

Therefore, as a first step to reach the state of clear mirrored water, I would like to summarize below where and how the waves of the mind originate from, based on the study of Kototama. The central theme for this is empirical knowledge, which I have already discussed several times in this blog, so I am sorry to repeat myself, but I would like to briefly summarize again about empirical knowledge.

Since our birth into this world, we have learned and experienced many things to create who we are in society. The knowledge, beliefs, values, aesthetics, morals, religious beliefs, procedures, and common sense that we have taken in is called empirical knowledge in the study of Kototama. This empirical knowledge is essential for us to shape our lives. Various entrance examinations in the educational system and entrance exams to start your career as a member of society will ask for this knowledge, especially in empirical knowledge. Thereafter, experiential knowledge, such as the expertise, skills and interpersonal skills required in each field, will be required to succeed in society. As such, empirical knowledge is an essential part of our lives.

There is one major problem with this important empirical knowledge, however. The more important the empirical knowledge is, the more we tend to believe that we cannot exist without it in the process of personality development. Empirical knowledge = self, that is, self-identification with empirical knowledge. For example, let’s say that there is a world famous doctor here. Suppose that one day he suddenly forgets all the medical knowledge and medical techniques (which are empirical knowledge itself). A great doctor enjoys his current fame and prosperous life because of the highest level of medical knowledge and medical technology, so if they suddenly disappear, he will be stunned and lose himself. If they were to disappear suddenly, you would be stunned and lose yourself. In some cases, we may even end our own lives, pessimistic about the future. This is an extreme example of what we think of as our own empirical knowledge, but I think we live our daily lives more or less in this situation.

One straightforward example of today’s topic is the wearing of masks for corona protection. The media has been massively encouraging the wearing of masks as a so-called expert opinion, and the government agencies have been encouraging it, so much so that people even think that wearing a mask is the way of the people. And when you see someone not wearing a mask, you think, “What an insane person! “And that’s a reflexive thought. In that case, your own judgment on the pros and cons of wearing a mask is not being used at all. In other words, the external information (empirical knowledge) has completely shut down your ability to think. (I don’t mean to comment on whether you should wear a mask or not. But it is good to know that the size of virus is 0.1 μm and the mesh size of mask is 10 to 100 μm).

To sum up the above, we form our personality by taking in and accumulating empirical knowledge in our minds, but the empirical knowledge that we have taken in and accumulated in our minds gradually takes over our own minds, and finally we become like servants in a relationship with our empirical knowledge as masters. Then our judgments about all things are made in the light of our empirical knowledge. In other words, we see all things through the thick sunglasses of empirical knowledge. But originally we have tried to take in empirical knowledge by the action of a much broader mind than empirical knowledge, so the broader mind still exists even after we have taken in empirical knowledge. Therefore, if we can take off these empirical knowledge sunglasses, we will be able to see things with our original broad mind.

Now that you understand the above, I would like to look at where the “waves of the mind” that I mentioned earlier are coming from. The surge in the mind is when we experience some (seemingly undesirable) phenomenon. It could be something that is happening right in front of us right now, or it could be a revival of an old memory. We see the phenomenon through experiential knowledge sunglasses. For example, if these experiential sunglasses are imprinted with the value system that a wife should stay at home and do all the household chores unless there is a special reason to not do so, and when you, the husband, come home after a hard day’s work, she should greet you kindly at the front door, then your wife’s behavior that is contrary to this value system will be unacceptable. It will cause a great stir in the mind. The phenomenon itself is not colored in any way, but it is negatively colored by the experiential knowledge sunglasses. Therefore, it can be said that the “waves of the mind” come from the empirical knowledge sunglasses that we wear. Now that this has been clarified by the study of Kototama, it has become clear to me that in order to deal with these waves, I need to start by checking what color my empirical sunglasses have on them.

I would like to write soon about how to remove the empirical knowledge sunglasses.

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.