言霊雑感 2 Miscellaneous impressions of Kototama 2

※ The English version is after the Japanese version.

 前回中途半端な終わり方をした雑感の続きです。管理人が垣間見た素晴らしい世界のことです。その日は、いつもどおり朝から言霊の島田先生の講演録を聞いていました。そして、聞きながら瞑想もどきをやり始めたのです。瞑想もどきと表現したのは、管理人は瞑想するといっても一般にイメージされている結跏趺坐や正座でやるのではなく、本当にいい加減にソファーに横になって目をつむってやっているだけだからです。そのまま眠り込んでしまうことも珍しくないふざけた瞑想なのですが、それでも効果があったのです。

 さて、具体的にどんなことをしていたかといいますと、以前の投稿でお伝えした子音誕生のプロセスの最初の島である津島の10音ータトヨツテヤユエケメを頭の中で復唱しながら目をつむっていました。これは、言葉に組む直前のイメージを纏めるプロセスだからです。誤解のないようにお伝えしておきますが、このような方法を島田先生が推奨されている訳ではありません。管理人の全くの思いつきです。で、10回ほど復唱したタイミングだったと思うのですが、突然頭の中に明瞭なイメージが浮かび上がったのです。その途端、心と身体が清澄な気で完全に覆われました。そのイメージと感覚がどのようなものだったかを言葉で説明することはとても難しいのですが、管理人なりに表現してみました。以下のとおりです。多少なりともご参考にして頂ければ嬉しいです。

 まず、どのようなイメージだったかということについて。そのイメージの中央に正四角形が二つ見えました。一つの正四角形の上に二つ目の正四角形が少しズレて重なっていました。両方の正四角形の形を見ることが出来たので、正四角形は半透明だったと思います。その色は茶色でした。そして、正四角形から絶妙の空間を隔てて、銀色に輝くサークルが見えました。サークルの太さは正四角形の半分ぐらいだったと思います。ただ、時折太さというか厚みを変えていたようにも思えます。で、銀のサークルには綺麗で細やかなアラビア風の文様が見えました。全体の背景はよく覚えていないのですが、淡いブルー系だったように思われます。

 その時の感覚を説明するのはとても難しいのですが、一瞬にして全てが許され救われたような、でも許されたとか救われたとかという概念もない。心がスーッと広がり、また小さくなる。繰り返す動きなんだけど静止している。それを心だけではなく、身体全体の細胞が透き通るように感じている。任せ切って、任せ切っているという思いもない。完璧という言葉ではとても足りない。心も身体もスコヤカ、そんな世界でした。

 こんな風に書くと、実際の自分を顧みれば恥ずかしくなってしまいますが、このイメージは本当に一瞬のことだったということでご了解願えればと思います。煩悩の渦の中にいる管理人でも、このような清澄なイメージを垣間見る一瞬がある。その両方を合わせて(もちろん煩悩の方が圧倒的に多いけれど)生きているんだなと思います。

 実は、管理人は 24年前、その時は瞑想中ではなく、いわゆる臨死体験に近いものでしたが、同じような世界に行ったことがあるのですが、その時のことについてはまた別の機会に書かせて頂きたいと思います。

 それではまたお会いしましょう。

This is a continuation of the miscellaneous thoughts that ended halfway through last time. It’s about the wonderful world that the caretaker got a glimpse of. On that day, I was listening to the recordings of Dr. Shimada’s speeches in the morning, as usual. And I started to do an easy meditation exercise while listening to him. I say “easy meditation” because when I say “meditation”, I don’t mean sitting in the full lotus posture or sitting on the floor, as is commonly imagined, but simply lying on the sofa with my eyes closed, which is really not that difficult. It is not unusual for me to fall asleep in this easy meditation, but it was effective nonetheless.

 Now, what exactly did I do, I closed my eyes as I recited in my head the ten-note ta to yo tu te ya yu e ke me of Tsushima, the first island in the consonant birth process I mentioned in my previous post. This is because this is the process of putting together an image just before you put it together into words. To avoid misunderstanding, I would like to tell you that Mr. Shimada does not teach this kind of method. It’s just a completely random idea of mine. And I think it was when I recited about 10 times, and suddenly a clear image appeared in my heart.Immediately, my mind and body were completely covered with clear Ki. It is very difficult to explain in words what that image and feeling was like, but I have tried to express it in my own way. They are as follows. I hope this will be of some help to you.

First, let’s talk about what the image looked like. I saw two regular squares in the center of that image. The second regular square was slightly offset and overlapped on top of one regular square. I think the square was translucent because I could see the shape of both squares. Its color was brown. Then, separated from the regular square by an exquisite space, I could see a silvery circle. I think the circle was about half the thickness of the regular rectangle. But it seemed to vary in thickness, or rather, thickness from time to time. And I could see a beautiful, fine Arabic pattern on the silver circle. I don’t really remember the overall background, but it seemed to be a pale blue color.

It’s very difficult to explain the feeling, but in an instant, it’s like everything is forgiven and saved, but there’s no concept of being forgiven or saved. It’s a repeating movement, but it’s still. I can feel it through every cell of my body, not just my mind. I don’t even feel like I’m letting it go and letting it go. The word “perfect” is very inadequate. It was a world of both mind and body sukoyaka(holy and healthy).

When I write like this, I feel embarrassed when I reflect on my actual self, but I hope you will understand that this image was really just a moment in time. Even a caretaker in the midst of a whirlwind of complications can have a momentary glimpse of such a clear image. I think that I am living both of them together (although of course the complications are overwhelmingly more common).

As a matter of fact, the caretaker was not in meditation at the time, but rather a so-called near-death experience, but I have been to a similar world 24 years ago, but I will write about that experience at another time.

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.