合気(身体要素)③ Aiki (physical elements) (3)

※ The English version is after the Japanese version.

 今日は呼吸に関する連載の三回目となります。呼吸に関する間違った思い込みの第三弾ということもできますが、今日の内容は多少特殊なものかも知れません。仙骨と呼吸との関係に踏み込みます。ですから、まず、仙骨って何?ということにもなりかねませんし、呼吸と仙骨とが関係しているの?という疑問になるかも知れません。そのようなところを経過した上での間違った思い込みということになりますから、特殊の三段跳びという感じがあるかも知れません。

 まず、「仙骨って何?」というご質問に関しては以前の投稿をご覧願えればと思います。その際に、仙骨と呼吸との関係については概要を説明させて頂いておりますので、今日はその辺には触れません。結論だけを再掲すれば、腹式呼吸で息を吸うときには仙骨が前傾(前にお辞儀)する、息を吐くときには仙骨が後傾する、ということでした。

 前回の投稿で、呼吸のエンジンは横隔膜であると書きました。しかし、管理人はその一般的な概念から一歩進めて、呼吸の司令塔は仙骨であると捉えています。仙骨は、横隔膜という呼吸エンジンを静かにコントロールしている隠された司令塔です。普通に生活していて、呼吸が横隔膜の収縮・弛緩によって行われているということを明確に意識化することでさえ難しいことだと思われます。その難しい感覚から更に一歩進めて、管理人は、仙骨が横隔膜をコントロールしていると言っているわけですから、すぐにご納得頂けることではないかも知れません。ですから、以下の内容はあくまでも「天霧ワールド」でのお話ということでご了解願います。

 ところで、人は産声を上げて生まれ、息を引き取ってあの世に旅立ちます。これは御異存のないことであろうと思います。言い換えれば、人は息を吐いて生まれ、息を吸って旅たつということです。ある人は、このことを、「人は前世で引き取った息を、今世で吐きながら生まれてくる」と詩的に表現しました。それはさておき、整体等の世界においては、人が誕生して一番最初に動き、生命を終了する時最後に動くのは仙骨であるとされているようです。この二つのことを併せて考えれば、仙骨と呼吸との間には非常に緊密な関連性があることが分かります。

さて、以上のことをそれとなくご納得して頂いた上で、呼吸に関する第三の間違った思い込みに進みます。それは、多くの人が、前方に力を加えるためには、息を吐きながら仙骨を前傾させなければならないと意識的に、あるいは無意識的に考えているように思えることです。一番分かりやすい例が、合気系武道の最も基本的な鍛錬法である「座技呼吸法」です。互いに正座して向かい合い、こちらの両手首をしっかり持っている相手を後方に押し倒そうとする稽古です。座った状態で相手を押し倒そうとすると、どうしても下腹を突き出そう(仙骨が前傾します)としてしまいます。そして同時に、息を吐きながら力を入れようとしてしまいます。つまり、仙骨を前傾させて息を吐いているのです。これは、先程確認した、身体の自然な動き(息を吐く=仙骨が後傾する)の正反対の動きになっているのです。この第三の間違った思い込みはなかなか認識することが容易ではありません。しかし、次回の稽古で身体の自然な動きに従って座技呼吸法にトライしてみてください。思ってもみなかった不思議な力が発揮されることが分かると思います。

 今日は、呼吸に関する第三の間違った思い込みについて書いてみました。

 それではまたお会いしましょう。

 

 

Today is the third in a series of articles on breathing. It could be the third in a series of false assumptions about breathing, but today’s content may be somewhat unique. We’re going to go into the relationship between the sacrum and breathing. So, first of all, what is the sacrum? This could be the case, and is there a connection between breathing and the sacrum? The question might be. There may be a sense of a special triple jump, because it would be a false assumption based on the lapse of such a place.

You might first ask me, “What is the sacrum? What does the sacrum have to do with breathing? ” I hope you will see my previous post on this subject. So I won’t go into that today. Just to restate the conclusion, I said that when you breathe in with abdominal breathing, the sacrum tilts forward (bowing forward) and when you breathe out, the sacrum tilts back.

In my last post, I mentioned that the engine of breathing is the diaphragm. However, the caretaker has taken a step forward from that general concept and sees the sacrum as the command center of the breath. The sacrum is the hidden command post that quietly controls the breathing engine called the diaphragm. In normal life, it can be difficult to even become clearly aware that breathing is done by the contraction and relaxation of the diaphragm. Taking that difficult feeling a step further, the administrator is saying that the sacrum controls the diaphragm, which may not be immediately convincing to you. Therefore, please understand that the following content is a story in the “Amagiri World” to the end.

By the way, a person is born with a birth sound and departs for the other world with their last breath. I believe that this is something that you would not object to. In other words, we are born with an exhale of breath and depart on an in-breath basis. Some people have poetically expressed this by saying, “We are born in this life, exhaling the breath we took in the previous life.” Aside from this, in the world of osteopathic medicine, etc., it seems that the sacrum is the first thing that moves when a person is born and the last thing that moves at the end of life. Taken together, these two things show that there is a very close connection between the sacrum and the breath.

Now that we have convinced you that the above is true, we will proceed to the third false assumption about breathing. It is that many people seem to consciously or unconsciously believe that in order to apply forward force, you must tilt your sacrum forward while exhaling. The most obvious example of this is the most basic training method of Aiki martial arts, the “seated breathing technique”. In this practice, we sit on the floor facing each other and try to push our opponent, who is holding both of our wrists firmly, backwards. If you try to push down your opponent in a seated position, you will inevitably try to push your lower abdomen out (your sacrum will tilt forward). At the same time, you try to exhale and exert yourself. In other words, you are exhaling with your sacrum tilted forward. This is the exact opposite of the natural movement of the body (exhale = sacrum tilting backwards) that we identified earlier. This third false assumption is not easy to recognize. However, on your next practice session, try to follow your body’s natural movement in the sitting and breathing techniques. You’ll find that it brings out a power that you never thought possible.

Today I wrote about a third false assumption about breathing.

See you soon.

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.