合気(身体要素)② Aiki(physical element)(2)

※ The English version is after the Japanese version.

 昨日の投稿に続き、合気(身体要素)の第二回目です。今日は、呼吸のエンジンである横隔膜とその周辺について書いてみたいと思います。以下の内容が実感できるようになれば、合気の術はとても身近なものになってくると思います。なお、合気というと武道限定の概念のように思われがちですが、社会生活の全てが人と人との相対動作であることを考えれば、人生全般に関係する大切な概念だと思います。

 横隔膜は膜と書いてありますが筋肉です。この筋肉は胸腔(きょうこう)と腹腔(ふくこう)の境界にあってドーム状をしています。横隔膜の上には肺が、下には肝臓と胃が接しています。横隔膜が収縮する(ドームが下がる)と胸腔内の圧力が下がりますから中の風船(肺)が膨らんで空気を吸い込むことになります。吸気の仕組みです。このとき、腹部の空間は圧縮されることになります。息を吐くときには、この動きが逆になり、腹部の空間は減圧されます。

 ところで突飛な質問ですが、横隔膜の下に接している肝臓と胃はどれぐらいの重さがあるでしょう?実は、肝臓は成人体重の約1/50 、つまり1.0 ~ 1.5kg の重さが、また、胃については程々に満たされているときには約1.28L~1.41L の容量があるようです。ですから、肝臓と胃の二つで少なくとも 2kg の重量があるということになります!この2kgが呼吸動作に伴ってお腹の中で上下しているのです。手に2kgのバーベルを持って上下動を繰り返せば筋力に自信がある人でも一時間継続することは相当しんどいですね。しかし、私たちはこの動きを生きている間中継続しているのです(横になっている時は重量が軽減されるでしょうが)。

 それはともかくとして、息を吸えば2kgの重りが下腹方向に、息を吐けば胸方向に移動しているという事実は、合気にとってとても重要です。天霧心法である駆霊が十分認識された上で、この2kgの体内上下動を効果的に使うことができれば、これまで不思議とされてきた合気の姿が見えてきます。もちろん、合気の技を使うためには、その他にもマスターしなければいけない事柄がありますが、呼吸に秘められたこのパワーを認識することは極めて重要な第一歩なのです。

 さて、今日は、私たちは上記の事実に関連して呼吸に関する第二の間違った思い込みを持っていることについても書いておきたいと思います。私たちは、息を吸い込むと身体が軽くなり上方に引き上げられるように、そして息を吐くと身体が重くなって下方に引き付けられるように感じているのではないでしょうか。そのようなイメージで呼吸法を行われている方も少なくないのかも知れません。しかし、上で確認してきたように、息を吸えば2kgの重りが下方に移動し、息を吐けば上方に移動しているのです。身体の機能に関する心のイメージと、機能の実相との乖離です。試しに、息を吸ってグランディングを、息を吐いてアセンションをイメージして呼吸法を行ってみてください。これまで経験したことがないような、軽やかな快感が身体に広がって来るのが分かると思います。

 今日は横隔膜と身体の中にある2kgの重りのお話でした。

 それではまたお会いしましょう。

This is the second installment of Aiki (physical elements), following up on yesterday’s post. Today I’d like to write about the diaphragm and its surroundings, the engine of breathing. Once you realize what follows, the art of Aiki will become very familiar to you. Aiki is often thought of as a concept limited to martial arts, but considering that our entire social life is a relative action between people, I think it is an important concept that is relevant to life in general.

The diaphragm is called a membrane, but it is a muscle. This muscle is located at the border of the chest cavity and the abdominal cavity and is dome-shaped. Above the diaphragm are the lungs, and below the diaphragm are the liver and the stomach. When the diaphragm contracts (the dome lowers), the pressure in the chest cavity decreases and the balloon (lung) inside expands and inhales air. This is the mechanism of inhalation. At this point, the space in the abdomen will be compressed. When you exhale, this movement is reversed and the abdominal space is decompressed.

By the way, an outlandish question: how much does the weight of the liver and stomach, which are in contact with each other under the diaphragm ? In fact, the liver weighs about 1/50th of an adult’s weight, or 1.0 – 1.5 kg, and the stomach, when moderately full, appears to have a capacity of about 1.28 – 1.41 liters. So that means the liver and the stomach weigh at least 2kg! This 2kg is moving up and down in your abdomen with the breathing action. If you hold a 2kg barbell in your hand and repeatedly move up and down, it’s pretty tough to keep it up for an hour, even for someone who is confident in their muscles. But we continue this movement throughout our lives (although the weight will be reduced when we are lying down).

Be that as it may, the fact that a 2kg weight is moving in the direction of the lower abdomen when you breathe in, and in the direction of your chest when you breathe out, is very important to Aiki. If the Kakehi(ejection spirit), which is the Amagiri mind method, is fully recognized and this 2 kg of vertical movement inside the body can be used effectively, then the shapes of Aiki that have been considered mysterious will become apparent. Of course, there are other things that must be mastered in order to use the art of Aiki, but recognizing this power behind the breath is a crucial first step.

Well, today I would also like to write about the second false assumption we have about our breathing in relation to the above facts. We may feel that when we breathe in, our body is lightened and pulled upward, and when we breathe out, our body is heavier and pulled downward. Many people may be doing the breathing exercises with this image in mind. However, as we have seen above, when you breathe in, the 2kg weight moves downward and when you breathe out, it moves upward. This is the discrepancy between the mind’s image of the body’s function and the reality of the function. Try it out and do a breathing exercise, imagining granding on the in-breath and ascension on the out-breath. I think you will see a light and pleasant sensation spread through your body that you have never experienced before.

Today we were talking about the diaphragm and the 2 kg of weight in the body.

I’ll see you soon.

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.