合気(身体要素)① Aiki (physical element) (1)

※ The English version is after the Japanese version.

 そろそろ梅雨も開けてきたようです。夏に渡すご自身の言葉を見つけられた方もおられることと思います。今日は、久しぶりに天霧の身体操法に関する投稿になります。合気の身体的側面に関する管理人の考えということになります。

 まずは合気が発動するための要件を整理しておきたいと思います。これまでの投稿で、少しくどいぐらい書いてきましたが、合気の前提は駆霊(カケヒ)です。この駆霊は合気の心の側面です。その中心概念は天の浮橋であり、具体的には父韻の活動と中今です。これに対して、身体的側面における合気構成要素の中核をなすものは呼吸である、と管理人は思っております。

 ですから、今日から数回にわたって呼吸に関する管理人の考えをお伝えしてゆこうと思います。まず最初のテーマは「呼吸の思い込み」です。多くの方が呼吸に関して重大な間違った思い込みをされているのではないかということです。それは、呼吸の原動力は肺であるとの思い込みです。こう申し上げると、「え!?呼吸は肺でするものでしょ」という反応が返ってくると思います。それはそのとおりなのですが、管理人は呼吸の原動力が肺であるというのは思い込みであると申し上げているのです。詳細な説明は省いて結論だけ申し上げます。肺は密閉された空間(胸腔)に備えられた風船のようなものです。独自に動くための筋肉を持っていません。ですから、肺が自力で膨らんだり萎んだりして空気の出し入れをすることはできません。その原動力は横隔膜(外肋間筋も働きますが捨象します)です。横隔膜が上下動することによって胸郭の内圧が変化することにより、肺が膨らんだり萎んだりして呼吸が行われているということです。呼吸の原動力はあくまでも横隔膜なのです。

 ところで、私たちは小さな頃から長期間にわたって、学校の体育やラジオ・TVの体操など(マスコミ体操としておきましょう)で、「はい。腕を大きく広げて深呼吸〜!」という掛け声に慣らされ続けて来ました。このことは余りにも当たり前になっているので、多くの方々が、「え?それって何か問題?」という反応をされます。しかし管理人は、そこに極めて重大な問題が隠されていると考えています。敢えて申し上げれば、日本の伝統的な文化の根底にあるものを崩そうとするものであるとさえ思っていますが、このことはまたの機会に譲るとして、今日は天霧身体操法との関連における問題点に限定して話を進めます。

 隠された重大な問題とは次のような事柄です。「腕を大きく広げて深呼吸〜!」を実際にやって頂ければすぐに了解されることと思いますが、マスコミ体操の深呼吸では、私たちの意識はほぼ 100% 腕と肺(胸部)に向かいます。呼吸は肺が主導していると思い込ませる極めて巧妙な動作です。一方で、呼吸の本当の原動力である横隔膜の動きを感じとることはとても難しい動作になっています。したがって、この深呼吸を行えば行うほど、私たちは「呼吸の原動力=肺」という間違った思い込みを強化し、本来の主役である横隔膜は全く無視されることになってしまうのです。大袈裟に言えば、認識と実相との乖離です。

 天霧の身体操法においては、身体はこういう風に動くものだ、という心が認識している身体の機能と、実際の身体の機能とが歯車のようにピタッと嵌ることが、身体能力最大化の入り口であると考えています。今日のテーマである呼吸は天霧身体操法の中核です。この重要な呼吸について、心が「呼吸の原動力=肺」と捉えていれば、身体の実際の機能である「呼吸の原動力=横隔膜」と大きく乖離することになりますから、本来の呼吸力を発揮することは到底不可能ということになってしまうのです。

 呼吸については幾つかの思い込みがありますが、今日は呼吸の原動力に関する思い込みについてでした。赤ちゃんが大きな声で泣く時、赤ちゃんのちっちゃな身体のどの部分がどのように動いているか観察することはとても有益だと思います。赤ちゃんは、間違っても両腕を広げて深呼吸することはありません(笑)。

 それではまたお会いしましょう。

It looks like the rainy season is about to open up. I’m sure some of you have found your own words to give to the summer. Today’s post will be the first one in a long time regarding the physical manipulation of Amagiri. It will be called the administrator’s thoughts on the physical aspects of Aiki.

First, I’d like to lay out the requirements for Aiki to be activated. As I’ve written a little too much about in my previous posts, the premise of Aiki is the ejection spirit (kakehi). This ejection spirit is the spiritual aspect of Aiki. Its central concept is AME NO UKIHASHI(the Heavenly Floating Bridge), specifically the activities of Father Rhyme and NAKA-IMA. In contrast, I believe that the core of the physical component of Aiki is the breath.

So, starting today, I’m going to share with you a few of my thoughts on breathing as a caretaker. The first topic is “Assumptions about Breathing”. I think that many people have a serious misconception about breathing. It is the assumption that the driving force of breathing is the lungs. When I tell you this, you may say, “What? Breathing is what the lungs do, right?”. That is true, but I am saying that the idea that the driving force of breathing is the lungs is an assumption. I’ll just conclude without going into details. The lungs are like balloons in an enclosed space (chest cavity). They do not have muscles to move on their own. Therefore, the lungs cannot inflate or deflate on their own to move air in and out. The driving force is the diaphragm (the outer intercostal muscles also work but are discarded). As the diaphragm moves up and down, the internal pressure of the thorax changes, which causes the lungs to inflate and deflate, which means that breathing is taking place. It is the diaphragm that drives breathing.

By the way, for a long period of time since we were little, we’ve been doing school physical education and radio/TV gymnastics (let’s call it mass media gymnastics), and we’ve been saying, “Yes. Spread your arms wide and take a deep breath~! ” We have become so accustomed to the call. This has become so commonplace that many people are saying, “What? What’s the problem with that?” However, I believe that there is a very serious problem hidden there. I would even go so far as to say that it is an attempt to undermine the foundations of traditional Japanese culture, but I will leave that for another time, but today I will limit my discussion to the issues in relation to the Amagiri Body Manipulation.

The major hidden problems are the following matters. As you will soon understand if you actually do “Open your arms wide and take a deep breath!”, in the deep breaths of Mass Communication Gymnastics, almost 100% of our consciousness goes to our arms and lungs (chest). It’s an extremely clever move that makes us believe that the breath is driven by the lungs. On the other hand, it is very difficult to feel the movement of the diaphragm , which is the real driving force behind the breath. Therefore, the more we take this deep breath, the more we reinforce the false belief that the driving force of breathing is the lungs, and the diaphragm, which is the original mainstay of the breath, is completely ignored. To put it bluntly, it is a divergence between perception and reality.

 In Amagiri body manipulation, we believe that the gateway to maximizing physical performance is when the mind’s perception of how the body should move and the body’s actual functions fit together like a gear. Today’s topic, breathing, is the core of the Amagiri Body Manipulation Method. If the mind views the lungs as “the driving force of the breath”, it will deviate greatly from the actual function of the body (the driving force of the breath is the diaphragm), and it will be impossible for the body to demonstrate its true breathing power.

There are several assumptions about breathing, and today we were talking about assumptions about the dynamics of breathing. When a baby cries loudly, I think it’s very helpful to observe what parts of the baby’s tiny body are moving. Babies don’t accidentally open their arms and take deep breaths !!!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.