天霧の基礎−仙骨⑤ The Basics of Amagiri-Sacrum;5

※ The English version is after the Japanese version.

 今日は久しぶりに身体操法に関するお話です。特に天霧を実際に稽古されている皆さんに向けた仙骨の解説になります。以下の荒唐無稽とも思われる内容を、ご自身の身体操法の中で実感することができれば、天霧の上級者ということになるでしょう。ですから、特に総師範及び各師範の方々は是非自家薬籠中の物にして頂きたいと思います。

 毎回の稽古の最初に行う仙骨操法(SS-1)の日常的な鍛錬方法です。総師範及び各師範におかれては、既にこの操法を踵起動ではなく、仙骨起動で実施できているものと思います。その感覚を日常生活の極めて簡単な動きの中で常時確認して欲しいのです。極めて日常的な動きとは、例えば歩行です。歩行の中で常時 SS-1 を確認、実感するということです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 更に、例えば右足を一歩進める時、仙骨→踵という流れになるのですが、右足が大地に着地した時の大地からの反作用の「重み」を仙骨で感じ取って欲しいのです。ここから始めてあらゆる動きの作用、反作用を仙骨で感じるようにして下さい。日常生活のあらゆる動きを仙骨で把握することです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 日常生活の中でこのポイントがある程度確認できるようになれば、今度は毎回の稽古の中でもそれを感じとるようにします。例えば、両手片手掴みの状況で、カケの力や意識を単に握られた自らの手首で感じるのではなく、仙骨で感じ取り、これを把握することです。この感覚は極めて微妙です。しかし、その一般的には「微妙な」変化を明確に感じとることがとても重要です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 ここまでを当面の稽古の目標にして貰えれば管理人はとても嬉しいです。そして、それが感じられるようになったら管理人に教えて下さい。そこからどのようにして実際の技に持って行くかについて、これは口伝でお伝えしたいと思います。

 天霧を稽古されていない方々の内、先天的に身体操法のコツを掴んでおられる方々の中には、以上の極めて簡単な内容によって所謂「極意」を掴まれる方もおられるかも知れませんね。

 今日は仙骨の活用法に関する内輪のお話でした。

 それではまたお会いしましょう。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

Today, for the first time in a while, I’m going to talk about body manipulation. This is a commentary on the sacrum, especially for those of you who are actually practicing Amagiri. If you are able to experience the following seemingly ridiculous content in your own body exercises, you will be able to be an advanced level. Therefore, I urge you to make it your own medicine basket, especially if you are the general master and each master.

This is a daily training method for the Sacral Stretch (SS-1), which is performed at the beginning of every practice session. It is recommended that you are already able to perform this exercise with sacral activation instead of heel activation. I want you to constantly check that sensation in the very simple movements of daily life. What I mean by very daily movements is, for example, walking. The SS-1 is confirmed and felt at all times while walking.

Furthermore, for example, when you take a step forward with your right foot, I want you to feel in your sacrum the “weight” of the reaction from the earth when you land on the ground . Start here and feel the action and reaction of every movement in your sacrum. Every movement of your daily life is to be grasped by the sacrum.

If you can learn these points to some extent in your daily life, then you will be able to practice in every training session. For example, in a two-handed, one-handed grabbing situation, instead of simply feeling the force and will of the partner with your own wrist, You have to feel and grasp this in the sacrum. This sensation is extremely subtle. But it’s generally very important to feel the “subtle” changes clearly.

I would be very happy if you could make this point the goal of your practice for the time being. And when you start to feel it, please let me know.

From there, I would like to tell you how to move on to the actual techniques in the oral tradition.

Among those who do not practice Amagiri but having an inherent knack for physical manipulation Some of you may get the so-called “secret” from the very simple content above.

Today’s talk was an inside look at how to utilize the sacrum.

See you soon. 

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.