人間の宿命について on human destiny

※ The English text is after the Japanese text.

 今日はことさら大袈裟なタイトルになりました。ただ、人間の宿命といっても生死の問題ではなく、具体的には人間が使っている言葉の宿命ということについてです。以下の内容は、言霊学の島田正路先生が1997年3月に行われた講演がベースになっています。島田先生は、お茶を飲む時のことを例にとって言葉の限界について話されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 『「今飲んでいるそのお茶の味を説明してください」と言われたとします。お茶は苦い、しかしただ苦いだけでは喜んで飲むわけがない、苦くなければまた飲まない。飲んでみればすぐに分かることだけれど、お茶の味という現象を言葉で説明することはものすごく難しい。この日常的な例でも分かるように人間は真実をそのまま言葉にすることは絶対にできない。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 それではなぜ人間は真実をそのまま言葉にすることができないのでしょう。人間が目の前にあるものをパッと見る。それを言葉にするためには、見ている自分(主体)とその自分に相対するもの(客体)とに分ける必要があります。そのものが自分にどう見えているのか、どういう役目を持っているのか、どういう状態でそこにあるのか、自分にどのように関係しているのか、そうしたことを全部調べた上で言葉にまとめます。しかし、そのものの真実をそのまま言葉に乗せることはできません。(管理人注;言葉にするという営為自体の中に真実から多くの要素を取りこぼしてしまうという宿命がありますし、その際に自分が行っている判断も自分の信条、学識、価値観などの経験知によって色付けされてしまいます。)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 このような人間の宿命を象徴的に表しているのが勾珠(マガタマ;三種の神器の一つ)です。人間の言葉が真実そのままを伝えるものであるならば、この珠は真円になっていたことでしょう。真円であればそれで完成して動きがない。しかし、勾珠には尻尾がついていて次のことが起こるようにできている。この形は、人間の人生、言葉というものの一番微妙で深淵なところを象徴しているのではないでしょうか。現象というものは、人間が言葉にした時に必ず何かもれるものがある。そのもれたものから次の現象が出てきます。』

 

 以上が島田先生の講演内容の概要です。

 この講演の最後の部分はサラッと語られています。剣の達人が竹をスパッと切った、そのときの鮮やかな切り口のようです。「現象というものは、人間が言葉にした時に必ず何かもれるものがある。そのもれたものから次の現象が出てきます」、つまり私たちが日々経験しているあらゆる現象は、私たちが使っている言葉と、その言葉で表そうとした客体の本当の姿との違いによって引き起こされる ー 島田先生はそう伝えたかったのでしょう。しかし、あまりにも鮮やかな切り口なので、切られた竹にも切られたこと自体わからない、そんな感じです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 しかし、少し静かに考えてみれば、私たちはこのようなことを日常的に経験していることがわかります。例えば、親友のちょっとした言葉にショックを受けてその後何日も思い悩む。「どうしてあんなことを言ったんだ!これほど信頼しているのに、あのタイミングであの言葉はないだろう!もう絶交だ!」色々な思いが次から次に出てきます。考えれば考える程腹が立つ。そして「もう、どうでもいいや」と思い始めたころ、親友から連絡がある。あなたの対応は当然シラケたものになるでしょう。親友は「何か変だな」と感じ、「どうかした?何かあったの?」と問うことでしょう。この言葉が、あなたの心に「何かあったのじゃないよ!」という反応を引き起こします。その後は真意追求のやりとりになって、最終的に親友の真意が分かり「なんだ〜そうだったのか!」というハッピーエンドを迎えることになります(勿論、逆のパターンもありますが)。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 勾玉(マガタマ)に尻尾があって次の現象を呼び出している。このことは、広く社会現象一般についても当てはまるもののように思われます。さて、その上で現在の社会を見てみますと、理解不能、制御不能の現象があまりにも多発しているように思えます。それは何故なのか?勾玉の尻尾が巨大化して猛威を奮っているからだ ー 管理人にはそのように見えます。勾玉の尻尾は現象の実相と言葉との違いであり、その巨大化とは言葉が実相からあまりにも遠いものになってしまっているということです。ですから、現在社会の喫緊の課題は、言葉と現象の実相との乖離を最小限にすることです。そして、その具体的な方法が、2000年の眠りから目覚めた言霊学なのです。言霊学は古来「布斗麻邇(フトマニ)」と呼ばれました。「布斗麻邇(フトマニ)」の「布斗(フト)」は「二十(フト)」で言霊50音の中の代表的な20音をもって言霊全体を象徴したもの、「麻邇(マニ)」は「真似(マニ)」で真実に似ているものという意味です。言霊は実相に限りなく近い言葉なのです。そして、日本語は、言霊原理によって創作された唯一の言葉です。

 今日は、言葉が持っている宿命に関するお話でした。

 それではまたお会いしましょう。

Today’s title is even more exaggerated. But the fate of humans is not a matter of life and death, but specifically the fate of the words we use. The following is based on a lecture given by Dr. Masamichi Shimada in March 1997 . Dr. Shimada talked about the limits of language, using the example of drinking tea.

‘Suppose you were asked to describe the taste of that tea you are drinking now. Tea is bitter, but if it is only bitter, there is no way we will be happy to drink it, and if it is not bitter, neither we will not drink it. It’s easy to understand when you drink it, but it’s very difficult to explain the phenomenon of the taste of tea in words. As you can see from this everyday example, humans are never able to put the truth into words as it is.

So why is it that humans are unable to put the truth into words as it is? Humans see what is in front of them in a flash. In order to put it into words, it is necessary to have the self (subject) that sees and the object that is relative to that self (object). You need to separate them. After this separation you can see how it looks to you, what role it plays, how it’s there, how it relates to you, and so on, and then you put into words. But the truth of a thing cannot be put into words as it is. (Manager’s note: Not only in the very act of putting into words, we are destined to leave out a lot of elements from the truth, but also the decisions you are making in doing so are colored by the empirical knowledge of your beliefs, learning, and values etc.)

The magatama is a symbolic representation of this human destiny. If man’s words were the truth, this bead would have been a perfect circle . If it is a perfect circle, it is complete and has no movement. However, the gemstone has a tail so that the next thing can happen. This form does symbolize the most subtle and profound aspect of human life and language. Whenever a man puts a phenomenon into words, there is always something that leaks out. From that leaked item comes the next phenomenon.

magatama

This is a summary of Dr. Shimada’s lecture.

The last part of this lecture is told in a smooth way. It’s like a master swordsman cutting a bamboo in a snap and making a brilliant cut. “Whenever a man puts a phenomenon into words, there is always something that leaks out. From that leaked item comes the next phenomenon.” In other words, all the phenomena we experience every day are caused by the difference between the words we use and the true nature of the object we are trying to represent with those words. – That’s probably what Dr. Shimada wanted to say. But the cut was so brilliant that even the bamboos were not aware that they had been cut. That’s about it.

But if you think about it quietly for a moment, it’s easy to see that we experience these things on a daily basis I understand. For example, you’re shocked by your best friend’s little words, and you ponder them for days afterwards. ‘Why did he say that! He wouldn’t have said those words at that point in time. I trusted him so much! I’m out of touch!’ A lot of thoughts come up one after another. The more you think about it, the angrier you get. And just when you start to think, “I don’t care anymore,” the friend in question contacts you. Your response is naturally going to be silly. He senses that something is wrong and asks, “What’s wrong? What’s going on? ” These words may cause in your mind some irritation and after that, it becomes an exchange of searching for the truth, and eventually you find out finally the best friend’s true intentions and you say, “Oh, I didn’t get what you meant !!” (of course, the opposite pattern may be possible….).

The magatama has a tail and invokes the next phenomenon. This seems to be true of social phenomena in general, broadly speaking. Now, if we look at today’s society on top of that , we find that there are so many incomprehensible and uncontrollable phenomena. Why is that? This is because the tail of the grenade has become so huge that it is raging – to manager it appears that way. The tail of the gem is the difference between the reality of the phenomenon and the words, and its gigantic size means that the words are too far from the reality. This is why the urgent task of society today is to minimize the gap between words and the reality of the phenomenon. The concrete method for this is the study of Kototama( language and spirituality), which has been awakened from its 2000-year slumber. In ancient times, the study of kototama was called “Hutomani”. The “futo” in “futo-mani” is “twenty” and is a representative of the fifty Words. “Mani” means very similar to the truth. It is the closest word to the reality. Japanese is the only language that was created by the Kototama principle.

Today’s talk was about the fate of words.

See you soon.

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.