「中今」について Now and Here

※ The English text is after the Japanese text.

 今日は子音から少し離れて、言霊学でも非常に重要な事柄である「中今」(なかいま)について考えてみたいと思います。この「中今」は続日本紀に出てくる言葉で、今=今ですが、中=此処(ここ)という意味で使われています。念のため大辞泉の定義を確認しておきます。以下のとおりです。

 「神道における歴史観の一。時間の永遠の流れのうちに中心点として存在する今。単なる時間的な現在ではなく、神代を継承している今」

 この定義から「中今」は神道の重要な概念であることは分かります。しかし、その輪郭が空間に拡散して一層捉え難いものになってしまった感じが否めません。我田引水になってしまいますが、古神道という大河に浮かぶ言葉の明瞭な意味を捉えるためには、やはり言霊学の助けを借りることが不可欠と思われます。言霊学では「中今」= 言霊50音が活動し、生命を創造している常なる今・此処としています。以下、この定義の内容を見てゆきたいと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 言霊学の小笠原、島田両氏は「中今」の概念を分かりやすく説明するため英語の力を時々借りました。今・此処 = Now – Here です。この英語の綴りの位置を一箇所変えれば、No – Where となります。つまり「中今」はどこにも無い。両氏が単に言葉遊びに興じた訳ではありません。両氏の真意はどこにあったのでしょう?

 「中今」を捉えようとしても、Now – Here が瞬時に No – Where となってしまい捉えようがない。私たちが思考する時には、思考する私たち(主体)とその思考の対象(客体)とに分かれる必要があります。その主客分離(言霊学では「宇宙剖判(ぼうはん)」と呼びます)の刹那に言霊50音が活動を始めます。言霊学上の「中今」です。しかしその「中今」は即座に過去の出来事になってしまうので捉えようがない。そして、私たちの思考が続く限り、その次の「中今」、その次の次の「中今」、・・・という風に永遠に継続します。ですから、私たちが「中今」を特定しようとしても不可能です。捉え所のない No – Where ということになります。しかし、ここから考えを更に一歩進めるならば、この No – Where が Every – Where となることに気付きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 ここで視点を少し変えます。私たちは、私たちが「オギャー」とこの世に誕生してから今に至るまでの出来事をどのように認識しているかということについて考えてみたいと思います。「過去の出来事は確かにあったことであり、それを変えることはできない」多くの人はこのように考えているものと思います。しかし、そのような考え方は 100% 正しいものなのでしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

 例えば、あなたが若かりし時手痛い失恋事件を経験したとしましょう。現在の同僚にその失恋事件の話をすることもあるでしょう。その際、あなたが「ほら、これがその時の失恋事件です」といって具体的な何かを友人に見せることは不可能です。それは時の流れの彼方に消え去ってしまった過去の出来事であり、唯一の例外を除き今やどこにも存在していないものだからです。唯一の例外とはどこでしょう?それはあなたの記憶という意識活動の中です。あなたは失恋事件の記憶をリピート再生して、それを言葉にしながら同僚に話していることになります。

 上の例で管理人が言いたいことは、「過去の出来事は私たちの意識が今此処でリピート再生しない限り何処にも存在しない」ということです。これを逆に言えば、「私たちの意識が今此処でリピート再生することができれば、過去の一切の出来事が蘇る」ということになります。その過去とは私たち一人一人の個人的な出来事にとどまりません。人類の歴史一切が蘇るということです。牽強付会も甚だしいと思われたかも知れません。しかし、このように「中今」を捉えることができる時、No – Where が Every – Where に姿を変えるのではないでしょうか。「中今」が永遠の今と言われる所以です。

 今日は「中今」に関する管理人の雑感でした。天霧の身体操法においても、常にこの「中今」を感じながら稽古することがとても大切です。

 それではまたお会いしましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Note-2019-09-15-003-1024x768.png

Today, we’re going to move away from consonants for a bit and talk about “Naka-ima,” which is a very important matter in the study of Kototama(language and spirituality). I’d like to think about this. The word “Naka-ima” is used in the Shoku Nihongi(imperially commissioned Japanese history text), and it means “now” and “here”. Just to be sure, let’s check the definition of the Daijisen(Great fountain of knowlwdge – Japanese dictionary). It is as follows.

 ”One of the views of history in Shinto. The now, which exists as a central point in the eternal flow of time. Not merely the temporal present, but the present that succeeds the Shinto generation.

 From this definition, it is clear that “Naka-ima” is an important concept in Shinto. However, I can’t deny that the outline of the concept has become diffused in space, making it even more difficult to grasp. It may sound like I have to draw on my own resources, but in order to grasp the clear meaning of the word floating in the great river called Ko – Shinto (the alleged basis of modern Shinto ), it is essential to have the help of the study of Kototama. In this theory, “Naka – ima” is the “now” and “here” where the 50 Words are active and create life. The following is a brief explanation of this definition.

Profs.Ogasawara and Shimada, who were experts in the study of Kototama, sometimes used their English language skills to explain the concept of “Naka ima” in a way that is easy to understand. Today to expresse the notion of “Naka ima”,Japanese says Ima Koko. Ima is Now and Koko is Here. If we change the position of this English spelling in one place, it becomes No – Where. In other words, “Naka ima” is nowhere. It’s not like both men were simply playing with words. What did they really mean by this?

When I try to capture the “Naka ima”, Now – Here instantly becomes No – Where , there’s no way to capture it. When we think, it is necessary to divide into two parts: the thinking subject (us) and the object of our thoughts (the object). There is a That separation of the subject from the object (in the study of Kotodama, this separation is called as the “Creation of the univers”)where the 50 Words begin to be active. It is the “Ima koko” . But there is no way to capture this “Ima koko”because it instantly becomes an event in the past. And as long as our thoughts continue, the next “Ima koko,” and the next, and the next, and the next, and the next… to continue forever. So it is impossible for us to identify the “Ima koko”. It would be an elusive No – Where. But if we take the idea a step further, this No – Where will change into Every – Where.

Here’s a slight change in perspective. How do we remember or recognize the events from our birth into this world to now. Many people think that “the past is indeed what happened and there is nothing we can do to change it”. But is such thinking 100% correct?

For example, you may have experienced a painful heartbreak when you were young. You may tell your current colleague about the incident. You may say, “Look, here’s what happened” but there is absolutely no way for you to show him something concrete. It is impossible because it is an event of the past that has been lost to the stream of time and is nowhere to be found, with only one exception. What is the only exception? It’s in the conscious activity of your memory. You’re replaying the memory of a broken heart incident , and you’re talking to your colleagues as you put it into words.

What the administrator is trying to say in the above example is that “Past events are repeating in our consciousness here and now .It means that unless we play it back, it doesn’t exist anywhere”. To put this in reverse: “If our consciousness can play on repeat here and now, any and all of the past can be a “revival of an event”. That past is not limited to the personal events of each one of us. It means that the entire history of humanity will come back to life. You may think that this is a very strange conclusion. However, when we are able to grasp the “Naka ima” in this way, No – where becomes Every – where. That is the reason why “Naka ima” is defined as the Eternal now.

Today’s article is a miscellaneous impression of “Naka ima” by the administrator. It is very important to keep this “Naka ima” in mind while practicing Amagiri’s physical exercises.

See you soon

 

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Previous article

子音の発生順序②