経験知の影響力(実例)

 難しい話が続きましたので、ここで一息。先日、経験知の影響力はこれほどまでに偉大なのかということを身を以って経験したので、そのことを書いておきます。

 自宅テレビのリモコンは白色基調です。ですから、管理人の頭の中にはリモコン=白という固定観念(経験知)があります。

 さて、先日所用でホテルに滞在しました。時間があったのでテレビでも見ようかとリモコンを使ってテレビのスイッチを入れました。その後、リモコンはその他雑多なものが置いてある机に放置したわけです。

 さて、アポの時間が近づいたので身支度をしてホテルを出ようとしました。テレビを消さなきゃいけません。で、リモコンを探したのですが、みつからないのです。どこに置いたんだ!どっかに落ちたのかも知れない。それでベッドの下まで、頭を床に付けながら探しました。でも見つからない。アポの時間は刻々と迫ってきました。焦りました。

 探し回った挙句、もういいか、部屋の電気全体を消せばテレビも電源が落ちるわけだからそれでいいや、と諦めました。するとどうでしょう!リモコンはちゃんと机の真ん中にあるではないですか!

 管理人は、どうして!と思いました。理由が分かりました。ホテルのリモコンは黒色基調だったのです。管理人の頭の中にあるリモコン=白という思いが邪魔をしたのですね。白くて細長い物体を探し回ったわけです。しかし、ホテルのリモコンは黒いので、管理人の目にはキャッチできなかったのです。

 ちょっと恥ずかしい話ですが、経験知の偉大さを身を以って確認した出来事でした。こういうことはリモコンだけじゃなく、日常生活のあらゆる場面で経験していることかも知れません。

 それではまたお会いしましょう。

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.