天霧が目指していること

 さて、これから天霧の具体的な内容をお伝えしてゆきたいと思います。まずは、天霧が何を目指しているかという大きな目標です。ですから、少し漠然とした内容になってしまいますがお許しください。

 だいぶ古風な表現になりますが、「後来習態の容体を除き、本来清明の恒体に復する」という言葉があります。これは、現代剣道の基礎になっていると言われる「直心影流」の極意を伝える言葉です。天霧が目指しているところを、とても簡潔に表現していると思います。

 これは、後天的に習得した色々な習癖を取り去って、人間本来不変の根本要素に到達する、と言うことになるのですが、このように言い換えても、難しいです。以下、管理人が理解していることをなるべく簡単にお伝えしようと思います。

 私たちがオギャーと誕生してから、色々と教えられてきたこと、学習してきたこと、経験してきたことなどの全て(ココロの科学言霊では、これを「経験知」と呼んでいます)が、私たちのココロとカラダに染み付いて、今の私たちを形作っています。普通、私たちは、この「経験知」によって日々の生活を送っています。

 日常的な社会生活を送る上で、この「経験知」はとても重宝しています。「経験知」がなければ、ちゃんとした社会生活を送ることは難しいと言えるかも知れません。例えば、電車に乗る時には切符を買うか、Suicaなどで「ピッ」する必要があります。これも「経験知」ですが、この「経験知」を無視すれば、無銭乗車ということになってしまいます。

 カラダの「経験知」はどうでしょう。小さい頃、自転車に乗る練習をしたことを思い出してください。最初はうまくいかず、何度も転んでしまいます。しかし、その内スッと乗れるようになりました。これも「経験知」です。カラダに教え込んだこの「経験知」が無くなれば、自転車に乗れなくなってしまうことでしょう。

 このように、「経験知」は、私たちが社会生活を送ってゆく上で、とても大切なものです。しかし、「直心影流」の極意は、この「経験知」を除くことが必要だ、としています。それは何故なのでしょう?その答えを探す中で、天霧が目指していることも明らかになってきますので、次回以降見てゆくことにしたいと思います。

 色々と書きましたが、今日は、「経験知」という言葉の意味をぜひ覚えておいて頂きたいと思います。

 それではまたお会いしましょう。

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.